KGKってなぁに?

 

KGKとは、キリスト者学生会「Kirisuto-sha Gakusei Kai」の略称です。

大学、短期大学、専門学校などに通うキリスト者(クリスチャン)の学生が、学内の友人に福音を伝える為に、祈り会をしたり聖書を学んだりしています。

 

KGKの始まりは1947年。戦後で校舎が不足したことから、日曜日にも授業を行うことになった早稲田大学で、「日曜礼拝が守れないならば、大学の中で礼拝を守ろう」とお昼休みに学生礼拝が行われました。また、これを契機に、2人の学生が毎日の祈り会を始めます。

その中で、キリスト者は仲間同士で聖書を学び、祈り合うだけでなく、学友に福音を述べ伝えなければならないと気づかされます。

また、日本のあらゆる大学でこの活動が行われるようにと祈り始めました。

 

現在、KGKの活動は全国に広がっていますが、地区や学校、また集まるメンバーによって活動の様子は異なります。しかし、どのような集まりにおいても、以下の3つのスピリットを基にKGK運動は展開されています。

 

福音主義:「聖書は誤りなき神のことば」であると信じ、その教えに従って生き      ることを目指します。

超教派 :各学内に遣わされたクリスチャン学生が、教会・教派を超えて、協力      しながら働きを進めます。

学生主体:学生が主体となって、福音を伝えます。

 

以上の3つのスピリットを土台にした「全生活を通しての証」を大切にしながら、「聖書研究」をはじめとした活動が全国で行われています。

KGK岩手も、そんなKGK運動の一部です。

Copyright

このサイトの文章、画像、音声等の個人での使用目的以外における無断での使用、転載はご遠慮ください。

サイト内で使用されている聖書本文は新改訳聖書第二版です。 

本会はプロテスタント・福音主義の信仰に立つ学内サークルです。

エホバの証人(ものみの塔)、統一教会(原理研究会)、モルモン教とは一切関係ありません。